人工衛星饅頭は神戸・湊川駅そばにある関西の名物饅頭!

大吉屋 人工衛星饅頭
こんにちは!
おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。
 
諸国饅頭記 第20弾は兵庫県神戸市兵庫区にある大吉屋さんの「人工衛星饅頭」です。
 
思わず二度見してしまうインパクト大なネーミングのまんじゅう屋さん。
 
きょう神戸・三ノ宮に行きまして、その帰りに新開地駅地下で食事をしました。その後、近辺にまんじゅう屋さんがないかなと思い、新開地駅から湊川駅に向って歩いていましたら、非常に特徴的な名前のお店・・・というか饅頭名を発見。
 
「んんんんん?人工衛星??」、思わず空を見上げましたが何もありません。辺りを見回しても人工衛星的なものはありません。
 
ネーミングに強く惹かれて、これは食べなければとなったのですが残念ながらシャッターがおりています。休みかそれとも閉店したのか・・・。
 
とがっかりしていましたら、なんと開店が14:00からであることが判明。(わたしは13時半ごろ行った)
 
開店まで待つことにしました。

大吉屋 人工衛星饅頭は14:00から販売開始

大吉屋 人工衛星饅頭
開店時刻が近づくにつれ、どこからともなく人がわらわらと集まってきます。
 
開店の14:00にはわたしも含めて7人並んでましたね。
 
湊川駅は観光客が乗り降りしそうな駅ではないため、これはほとんど地元の人に違いない。(勝手な推測)
 
「地元の人が並んでまで買うということは、相当おいしいはず!」とワクワク感がとまりません。一体どんなまんじゅうが出てくるのでしょうか。
▼次から次にお客さんがやってきます
大吉屋 人工衛星饅頭

人工衛星饅頭

▼大きさはこのぐらい
人工衛星饅頭
▼厚みはそれほどありません。薄型。
人工衛星饅頭の厚み
人工衛星饅頭は、薄型の今川焼・回転焼・大判焼という印象。
 
そとはカリッと中はもちっとしています。一般的な今川焼よりも薄型なのですが、もちっとさをしっかり感じられます。厚みがそれほどないのが逆にいいのかも。生地と餡の量のバランスがいい。
▼たっぷりの粒あん
人工衛星饅頭
粒あんがたっぷり入っているのですが、甘すぎず重たく感じず食べられます。
 
この手のまんじゅうはつくりたてが一番ですね。熱々で美味しかったです!!
 
ところで気になるのが、やはり人工衛星という名前。一体どんな由来があるのかとても気になります。
 
今回はお客さんも多く、お店の方も一人で焼いて販売されていたのでお話を聞く時間がまったくありませんでした。
 
気になる話をいつか必ずお聞きできればと思います!

アクセス


▼湊川駅の西改札口から地上に出たすぐそばにあります
大吉屋周辺

店舗情報

  • 住所:兵庫県神戸市兵庫区上沢通1丁目1-1
  • 電話:078-511-6355
  • 営業時間:14:00〜19:00
  • 定休日:不定休
  • 公式サイト:なし
  • 駐車場:なし

コメント