工場ショップで食べる御座候(ござそうろう)が あつあつでおいしい!

御座候 紅あん 白あん

こんにちは!嶋田コータローです。

兵庫県姫路市にある御座候(ござそうろう)さんへ行ってきました~。

今回訪れたのは、御座候さんが運営しているあずきミュージアムの隣にある「工場ショップ」です。

▼あずきミュージアムの看板がある入口から入ります

御座候

創業1950年(昭和25年)の御座候さんは、創業当時から回転焼業をおこなっていました。

公式サイトにある2016年7月時点の情報によると、全国に77店舗あります。北は北海道から南は中国・四国まで。残念ながら、わたしの地元がある九州にはなかですばい。

代表的なお菓子は社名と同じ「御座候(ござそうろう)」。「御座候 赤あん」、「御座候 白あん」の2種類あります。これ以外にもよもぎ餅やわらび餅、またあんこ大好きアイスなど、あんこを使ったものがメイン。

御座候と聞いてもピンとこないかもしれませんね。実際、わたしも初めて聞いたとき「えっ?お蕎麦?」と勝手にイメージしたほどです。

どういうお菓子かといいますと、関東でいえば今川焼・大判焼き、西日本ですと回転焼きという餡の入ったあの美味しい和菓子です。

創業当時は10円で販売されていたとのこと。ちなみに現在は85円です。

▼工場ショップの裏のほうがロケーションがよかったのでこちらを採用
御座候ショップ

工場ショップではつくりたてを食べられる

御座候

基本的に注文してからつくってくださいます。わたしが注文したときはお客さんが多かったなぁ。

目の前でつくっているのを見るのはなんかいいですよね。

生地を流し込んで餡を入れていく様子、そしてニオイがわたしに襲いかかり、思わずお腹が「ぐぅ~」と。

工場ショップには無料で入れますし、食べるスペースもありますので、御座候を食べに来ている地元であろう方々がおられました。

御座候 赤あん・白あん

御座候 紅あん 白あん

待つこと約5分。御座候ができました~。

どうですか、このマンガにでてくるようなキレイな形と焼き色!レストランにあるロウでできたものじゃありませんよ。本物。

はやくガブッと食べたかとですけど、まずは中身の写真を。

▼これが赤あん。これは美味しそうだ~。
御座候 紅あん

撮影はほどほどにして、あつあつのうちにいただきました。

できたてのため、生地がカリッとしてます。まずカリッとしてそれからもちっと。で、そのあとあんこの部分に突入!

やっぱりできたてはおいしか~。小豆たっぷりのあんはやわらかくなめらかです。(やわらか・なめらかってなんか漫才コンビみたい笑)

あんがぎっしり入ってて満足感は十二分です!

それではもう一度復習しておきます。

御座候は→カリッとしてもちっと、あんはやわらか・なめらか

おまけ

ミュージアム レストラン

あずきミュージアム(こちらは有料)にはレストランがあり、小豆を堪能できるメニューがあります。

▼あずき御膳
あずき御膳

▼小豆を楽しめるシンプルな赤飯。
あずき御膳の赤飯

あずきミュージアムを見学したときの様子は以下からどうぞ。

あずきミュージアムへ行った感想 世界初の小豆博物館で小豆について勉強してきました!
こんにちは!おみやげライター嶋田コータロー(@SRokota)です。わたしのツボにはまる、大変興味深い場所へ行ってきましたので紹介します。おそらく今後何度も訪れるであろうその場所とは「あずきミュージアム」。兵庫県姫路市にある世界初の小豆..

アクセス

御座候工場ショップ情報

  • 住所:兵庫県姫路市阿保甲611番地の1
  • 電話:079-282-2311
  • 営業時間:8:30~17:00 毎週火曜日、年末年始がお休み
  • 駐車場:60台分
  • HP:御座候

コメント