吾作饅頭はクルミがあしらわれた粒あんたっぷりの饅頭

皿にのせた吾作饅頭と個包装

今回の舞台は広島県。60年余りにわたり食べ継がれてきた「吾作饅頭(ごさく まんじゅう)」を紹介しましょう。

吾作饅頭との出会いはひょんなところからおとずれました。

我が家で利用している宅配コープさんのカタログを眺めていましたら、風格のある饅頭が載っていたのです。

饅頭アンテナが5本立っているわたしの直感が「これは食べたほうがいいよ!」と働きかけまして、買ってみることに。

正解でした\^o^/粒あん好きにぜひおすすめしたい饅頭です。

味もですが、名前が気に入りましたね。

ということで、吾作饅頭を紹介していきます!

吾作饅頭ってどんな饅頭?

吾作饅頭の個包装

吾作饅頭は、饅頭皮にクルミがあしらわれた、粒あん入りの饅頭です。

広島市中央区に本店をかまえる「平安堂梅坪」がつくっています。お店の創業は1918年(大正7年)

個包装に描かれた「〇」が印象的ですね。

こちらのデザインは、公式サイトによると、江戸時代の禅僧また画家として活動した「仙厓 義梵(せんがい ぎぼん)」の作品からアイデアを得たとあります。

一円相画賛(いちえんそうがさん)という、筆で描かれた丸い円のことですね。

昔から禅僧は、悟りの境地を表すのに、丸い円を描いていたんですって。

わたし自身は、吾作饅頭の丸い円を見て、「丸は人の心をやわらかくする」と感じました。

心理的に四角より丸を見たほうが、気持ちがやわらぐのでは?

ドラえもんの顔、アンパンマンの顔、シャボン玉、コーンに盛られたサーティワンのアイスなどなど。

と、話が吾作饅頭からそれていきそうなので、丸についてはこれ以上深堀しませんが。

丸ってええな~と、吾作饅頭を見て思ったのでした。

吾作饅頭の包装紙
梅の花でしょうか。包装紙も素敵♪

吾作饅頭を手に持っている様子
ちょっと濃い目の焼色をした吾作饅頭。ひとつのサイズはこのぐらいです。

【食べた感想】小豆の味わいが豊かで美味しい

吾作饅頭の断面(粒あん)

ぎっしり詰まった粒あんで食べごたえ十二分。ひと口食べて、すぐにわたし好みだとわかりました。

「これぞ饅頭!」と声をあげたくなる、小豆の味わいがしっかり感じられる饅頭ですよ。

お爺ちゃんお婆ちゃんと一緒に、お茶を飲みながら食べたくなるタイプの饅頭ですね。(そんなタイプがあるのか知らないけど)

公式サイトによると、饅頭の生地が「薄皮」とありますが、「これってあんこじゃない?」と思ってしまうほど皮の薄い、一般的な薄皮饅頭のようではありません。(説明が分かりづらくてすみません)

それから忘れてはならないのが、クルミの存在感。粒あんとマッチしていて、よいアクセントになっています。

見た目も味もどっしりしたさまで、安定感抜群の吾作饅頭。

興味がわきましたら、ぜひ一度食べてみてください!

似合いすぎている吾作饅頭という名前

余談ですが・・・・・・

吾作饅頭を食べた後、上のツイートをしました。

食べてみるときづくはず。「まさに吾作ってかんじの饅頭やん!」ということに。

ホントねぇ、吾作以外の名前が考えられないぐらい、見た目・味と名前が合っています。ええ名前もうたな~。

この感覚を上手く言葉で表現できないと思い、公式サイトを見てみましたら、名前の由来が書かれていました!

水分が多いあんを薄皮で包んで焼くと、焼き上がりがどうしてもでこぼこになってしまいます。見た目は決してよくありませんが、中身は真っ当であるところから、「吾作饅頭」と銘を付けました。見た目は不細工だけれども、こころは優しい吾作さん、というわけです。

平安堂梅坪公式サイト 「東饅頭」から「吾作饅頭へ」より引用

そうそう、吾作饅頭は内に秘めた優しさを感じる饅頭なのです!

吾作饅頭の賞味期限・値段・カロリー

【日保ち】

  • 30日

【値段】

  • 5個入り1,050円(税抜)

【カロリー】

  • 1個当たり113kcal

吾作饅頭はどこで売ってる?

箱を開封した吾作饅頭

吾作饅頭は、平安堂梅坪の各店舗、広島駅、そごう広島、ゆめタウン広島店などで販売されています。

公式サイトで平安堂梅坪の店舗を見る

以下のオンラインショップでも販売されています。

コメント